税金やメーカーの言うことに惑わされずに時間をかけてじっくりと。

土地と建物を購入しました。

 

坪単価23万円、建物価格3000万円、土地価格1200万円です。

 

家を買おうと思ったきっかけは、もともといつかは一戸建てに住みたいと主人と話していたことと、税率が8パーセントに上がるまでに時間がなかったこと、子供が将来通うであろう学校やその区域に家が実際に建てられるかという心配の3つのことがきっかけでした。

 

それまでたまに住宅展示場に行くことはあっても本気で家探しはしていませんでした。

 

たくさんのことをやらなければならないのに時間がほとんどなく、家が建つまでに半年ほどだったと思います。

 

大手ハウスメーカーで建築依頼しました。

 

まず、家を建てる前に私たちが選んだ土地は大変人気のある地域でしたので坪単価が田舎に比べて高かったです。

 

予算上広い土地を買うことはできなかったので、もともと100坪以上ひとつで売りに出されていた土地の50坪を分けてもらいたいということで不動産業者に交渉し購入しました。

 

次に建物は機密性が高く地震に強い家を基本に考えました。

 

あと土地が広くないのでいかに家の中を広く見せるかということにもこだわった結果、耐震構造かつ柱のない家の構造であるメーカーに決めました。

 

注文住宅ですので最初は外観や内装をオリジナリティを出したいとか、もっと広く見せたい、水回りを使いやすくしたいといった感じでこだわりました。

 

最初はあれもこれもで土地と合わせて5000万近くになりました。

 

その時の自分たちの予算はローンで組む3000万円と頭金が数百万円のつもりでしたので、かなりの予算オーバーです。

 

それからはメーカーに交渉しながら納得のいくまで細かい調整をして全部で4200万円で購入になりました。

 

自分たちの場合はほとんど時間をかけずに家を建てましたが、これから土地や建物の購入を考えて見える方は時間をかけて家のことやメーカーのことを勉強して営業の方と対等に話ができるようになるのが一番だと思います。

 

また土地を一緒に購入する場合、個人で不動産屋さんに行っても相手にされません。

 

実際私たちは2件行きましたが、いい場所があったら連絡しますと言われたきり何の音沙汰もありません。
ハウスメーカーの営業の方と連携して土地探しをするのがベストです。

坪数38坪
建物価格1500万
土地価格950万

 

結婚してからアパートで夫婦で暮らしていて子どもが生まれてから一軒家が欲しいと夫婦で思うようになりました。

 

アパートに住んでいても自分の物にはならないし
お金を捨てているようなものだと思ったので
すぐ行動に移しました。

 

家を建てるにはまず何をすれば良いのか、どこに行けば良いのかもわからず
ある日アパートに工務店のチラシが入っていて、土日にイベントがあるとゆうので
そこに行ってみました。

 

そのイベントでどのあたりで土地を探しているのかを聞かれたり、今の私たちではどのくらいローンが組めるのかを教えてくれました。

 

その工務店が建てたモデルハウスなども見学させてもらい、担当の方もいい人だったのでその工務店に決めよう!とすぐ思いました。

 

ですがその時に、その担当の方が
『他のハウスメーカーも行きましたか?
ぜひ行ってみてください』と言ってくださりハウジングセンターや違うハウスメーカーをみに行くことにしました。

 

すると最後に行ったハウスメーカーがとても良心的な価格で工務店の見積もりの金額では31坪だったのがそれよりも安い金額で38坪で建てられるという
お話でした。

 

もちろん『安いからといって大丈夫なのか?』
とも沢山考えました。

 

ですがハウスメーカーの方だと私たちの希望の注文が出来たので最終的にはハウスメーカーに決めました。

 

休日には友達を沢山呼んでワイワイできる家というのが私たち夫婦の家に対する希望だったので
リビングを広く、皆んなが楽しめる設計をする事ができました。

 

工務店では難しかったですがハウスメーカーに変えた事で予算が100万ほど浮いたのでキッチンやトイレ、お風呂などの水回りのグレードを一番上にすることができました。

 

そのおかげで、絶対欲しかった浴室暖房、乾燥をつけることができました。

 

親の支援がなかったので高級なハウスメーカーを選ぶことはできませんでしたが自分たちが次々に無理せず返せる値段で満足する家を建てられたのでとても
良かったと思っています。